指導事業及び漁港関係

毎年、アワビ稚貝300kg〜400kg、サザエ稚貝1000kgの 放流を行い、培養・育成に努めています。 天然のアワビ・サザエが減少している中、海士組合の協力のもと 育てて捕る漁業へと変わってきています。 また、外敵であるタコの駆除や、勝浦海上保安署・勝浦警察署 海士組合との連携による、密漁防止パトロールに力を入れて 取り組んでいます。



   
   

ページ上部へ

Copyright (C) 2009 Katsuura Fisheries Cooreratives. All Rights Reserved.